カテゴリー「●ウォッシュチーズ」の8件の記事

2011年7月19日 (火)

トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ

【チーズ名】トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ
【原産国】フランス ロワール地方
【タイプ】シェーブルタイプ
【味わい】ナッツの香りとまろやかな旨味
Img_7015_2
取扱店 アルパージュ http://www.alpage.co.jp/

 

【外観】オレンジピンクの濡れた皮はしっとりして薄め
    生地はオフホワイトで均一。しっとりとしてしなる

【香り】皮は軽いウォッシュ香で胡桃のようにこうばしく
    生地にも甘くまろやかなナッツの香りがある
    すももや白桃の果実の香りとミルクの綺麗な香り
    
【味わい】しっとりした均一の生地は旨味のある味わいで
     舌の上ですーっと溶けてゆく。ミルクのコクに加え
     酸味とミネラル感がバランスのいい味わい
     マットで濡れた皮はさりさりしていて味も美味
     全体的にまるみがありほっこりした味わい



ロワール地方の平野ではシェーブルチーズがたくさん
作られていますが大抵は小型やバトン型で
ほろっとした組織の真っ白いチーズがほとんどです

味わいもヨーグルトを思わせる爽やかで酸味のキレがある味が
特徴で熟成により水分が抜けて生地が締まって小さくなり
その分の味わいが凝縮し濃く味わい深くなります

〈トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ〉の
〈トム〉とは山のチーズの総称の事です
多くは山岳地帯で《トム・ド・○○チーズ名》という感じで
呼ばれていて、大型から中型のチーズが見かけられます
食料のない寒い冬山の生活の保存食に作られる場合が多いです



ですから!
ロワール地方のシェーブルでトムはちょっと珍しい存在!
しかも!ミュスカで表皮を拭きながら作られています!
(ミュスカとはロワール地方の白ワイン・マスカットの様な香り)


このチーズ熟成は6ヶ月。味わい深くて旨味がた〜っぷり
しっとりして味と香りに角がなくまるみのあるほっとする味

うんま〜い!素朴なのにしっかりと深い味わい。。。
はんなりウオッシュ的な個性があるところも良いカンジです!

深さを感じさせないフランクさや親しみやすさが魅力的
自然に引きつけられる天性のキャラクター性を感じます!
個性を出張したり押し付けず、自然に注目を引き寄せる感じ♡




そんなー
トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデのイメージは。。。。








にじみでる個性  じんわり感

素朴で嫌味のない魅力が彼にはある 

どこか力強く どこか繊細

穏やかさと芯の強さを併せ持つ人


お洒落に生活を楽しみながら

自己の確立に努力する

 


様々な器に自分を注ぐ

意識が液体であればその形は自在

様々に変身できる 


彼らしく

個性をアートしてゆく

暮らしに深い色彩を放ちながら



様々な経験から編み出した

独特な絵の具を胸に揃えているから

何気ない素朴な風景を描いても彼色に染まって

はっと人々が注目して心奪われてしまう


そして色の秘密を思わず探りたくなる人々を

彼は屈託ない笑顔でさらりと受け流してしまう



意識が液体であれば自由

時に大地に身を潜め 時に湖に同化して

いつかまた新しい器に入った彼の姿を街で見つける


どこか捉えどころのない魅力

心に遊びのスペースがあれば自由になれる


悲しみ深い部分から成り立つ優しさも

困難を自然体に見せる彼の強さも

周囲を和ませる屈託ない笑顔で全て包み込んで。。。








そんなー
自身の経験からあみだした独自の絵の具で人生を彩る
ピュアな少年のような笑顔が魅力の人。。。

 


トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ。。。







※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。



|

2009年11月23日 (月)

モンドール リエム社

【チーズ名】モンドール
【原産国】フランス
【タイプ】ウォッシュタイプ
【味わい】とろーりミルキー心地よい木の香り
Img_4040007

取り扱い店《フェルミエ》
https://www.fermier.co.jp/

【外観】
薄いオレンジ色の皮の上には
白っぽいふわっとした産毛のようなカビもある
表面は波の様にうねっている
チーズの側面にエピセアの樹皮が巻かれている
【香り】
樅の木の香りが神秘的 
茸の香り ミルクの香り
【味わい】
とろーりカスタードクリームの様に滑らか
味わいにもたっぷりと木の香りが感じられる
塩味は程よくミルクの旨味をしっかりと感じる


秋の訪れを教えてくれるチーズ
それが季節限定で作られるモンドール
11月〜12月位からが食べ頃で
丁度ボジョレヌーボーの解禁と重なるため
一緒に楽しむ方も多いチーズです

塩水洗いのウオッシュチーズですから
クセもなく とっても上品な味わい♡
エピセアの樹皮をチーズの側面に巻き
熟成もエピセアの木の棚の上と決められています
その木の香りはたっぷりと生地に染み込み
まるでたっぷりと森林浴をしているように
心と口の中を癒し満たしてくれます

そんな
《モンドール》のイメージは。。。


香り立つ人

誰からも愛されるということは
誰も選ばないということ 
許し認めること

その包み込まれるような瞳の色は
森の中にいる時に感じる神秘的な透明感
樹齢の高い木々が生き物に木陰を作るように
葉っぱで風をさわさわと歌いささやくように

一つの成熟した形

変わらない 
そのことは時に難しい
季節を重ね 
同じように佇む

同じ気持ちで 
同じ温度で 
人を思い
物事を見つめて受け止める

形のないものを形にとどめる
普遍的なあたたかさがそこにある

個性的な存在であること
それは本当は特別なことではなく
個人を表現するもの

大切なもの 
好きなもの 
愛するもの

自分らしさを知っている人

冬の風の冷たさ 
雪の厳しさ
それでも大地は暖かい

そして私達を受け止めて
いつでも待っていてくれる
私達にいつか
また季節が巡るよう

やさしい春の芽吹き
あたたかい夏の日差し
涼しい秋風の心地よさ

『また来年 
 この季節に立ち遭いましょう
 変わらない気持ちと宝物をもって』

そんな言葉を
静かな微笑みに全てしたためた
大地のように暖かい
森の香りをまとった美しい人

モンドール。。。


※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。

 

|

2009年10月 5日 (月)

フルール・ド・ビエール

【チーズ名】フルール・ド・ビエール
【原産国】フランス
【タイプ】ウォッシュタイプ
【味わい】フルーティーでまろやかな味わい

Img_3860001
取り扱い店《フェルミエ》
https://www.fermier.co.jp/
 

【外観】
オレンジピンクのしっとりと湿った薄い表皮
生地は少し黄味のあるアイボリー色でむっちり柔らか
所々に細かい気泡が見られる

【香り】
皮はオレンジの綺麗な柑橘の香り
生地は甘みや丸みのあるミルクの香り
バターの様なコクのある香りも少しある
ウォッシュチーズ独特の香りは控
えめ  

【味わい】
まろやかでまるみのある味わい 
むっちり柔らかい生地はねっとりした食感
ミルクキャンディーや有塩バターのような味わい
綺麗な酸味と塩味も程よく全体的に上品さがある
後味にはグレープフルーツの様な心地よい苦み
チーズのコクと旨味がしっかりと余韻に残る


ウォッシュチーズの中でも
特別な存在感を私は感じます
大抵のウォッシュチーズは
個性的で色気ムンムンなのに
媚びない健康的な色気。。。
柑橘系を思わせる爽やかな香りがあり
まろやかなチーズの旨味と塩味がバランスよく
綺麗で飽きのこない優しい味わいです!

そんな
《フルール・ド・ビエール》のイメージは。。。


華のある人

美しく可憐な花のような笑顔
健康的に鍛え上げた
手入れの行き届いた身体

人に同情したり 
男性に依存しないで
程いい距離感で自然なお付き合いができる
彼女には爽やかで媚びない色気がある

彼女は微笑みを絶やさない
笑顔の大切さを知っているから

悲しい時 
辛い時 
笑顔になれる人は美しい

自分を静かに見つめ 
自分を静かに磨き
いばらの道を笑顔で歩いてきた

大地に根をおろす
野生の薔薇のように
気高さと親しみを秘めた瞳

どんな人でも
美人になれる瞬間がある

それは笑顔になれるとき
笑顔はいつでも
自分に魔法をかけてくれるから


自然体で爽やかな色香を持ちあわせ
笑顔の大切さを教えてくれる美しい人
フルール・ド・ビエール。。。。





※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。

|

2009年9月21日 (月)

サルヴァクレマスコ

【チーズ名】サルヴァ クレマスコ
【原産国】イタリア
【タイプ】ウォッシュタイプ
【味わい】たっぷりしたミルクのコクと上品な酸味

Img_3900006_2
取り扱い店 《フェルミエ》
https://www.fermier.co.jp/

【外観】
薄茶色の皮はごわっとしている
外皮の厚みはそれぼどなく
表面はしっとり湿っている
所々に白やオレンジの自然のカビがみられる
中の生地は中心にいく程白っぽくポソっとしている
しっかりとつまった組織で小さな気泡が見られる

【香り】
コクと甘みのある濃いミルクの香りがたっぷり
タイムの爽やかなハーブ香がほんのりある
表皮に土っぽい素朴な香り 
ウォッシュの香り穏やか

【味わい】
繊細な生地はほろほろっと口に中で崩れて溶けて
口の中に少し粉っぽさが残る感じ
ミルクの香りが口一杯に広がり酸味は爽やか
綺麗な酸味だがまろやかさがある
表皮はしゃりしゃり 
そんなに臭みはなく香ばしい



表皮のごわっとした外見から
想像できないくらい繊細な生地です
真っ白くきめ細やかな生地は
ミルクのか香りをたっぷりと含み
爽やかな酸味とともに
口の中でほろりほどけて溶けていきます
強そうに見えても
実はとってもナイーブな印象

《サルヴァ クレマスコ》
のイメージは。。。


弱さを強みに変える人

弱さを知ることは 
痛みを知ること

痛みを知ることは 
優しくなれること

弱さに焦点をあてれば
それは弱点になるかもしれない

けれど弱さには大きな力が潜んでいる

時間を糧に
いつの日か高く遠く
自分を高みに連れていってくれるもの
状況や環境に優しさを見つけてくれるもの

弱さを知っている人は
強さを手に入れる

自分を見つめ 
現実を見つめ
内なる声に耳をすます

いつか大きく羽根を広げ羽ばたいていく
かつて彼女がそうだったように。。。 

傷ついた羽根を癒しに
弱さを知る者たちが
今日も彼女のもとを訪れる
鳥達を自然に帰すのが
彼女の幸せに繋がっているのだ

慈愛に満ちた
聖母のような微笑みを持つ
弱さを強みに変える美しい人 


サルヴァクレマスコ。。。







※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。

|

2009年9月 3日 (木)

ガレドラロワール

【チーズ名】ガレドラロワール
【原産国】フランス
【タイプ】ウォッシュタイプ
【味わい】出来立てのバターの様な優しく上品な味

Img_0003405
取り扱い店 《フェルミエ》
https://www.fermier.co.jp/

【外観】
柔らかくうすい表皮は白っぽいアイボリー色
中の生地はクリーミィーでとろりとやわらかい

【香り】
乳脂肪分の高い上質のミルクの香り
カシューナッツのまろやかで甘みのある香り
若草の素朴で爽やかな香りの少しある

【味わい】
クリーミィーでとろっとしたテクスチャー
出来立てのバターのような味 
塩味と酸味は穏やか

 

おいしいバターを食べた時
とても幸せな気分になりますが
〈ガレドラロワール〉を食べた時
いつも同じ気持ちになります
とろっとクリーミィーな舌触り 
程よい塩味、クセがなく
まろやかでふくよかな味わい
たっぷりとした上質なミルクの後味


そんな 
《ガレドラロワール》のイメージは。。。




たおやかな人
日本女性のしとやかさ
はんなりした笑顔

穏やかさに秘めた情熱
とろみを感じる
やわらかな色香
その美しさには
包み込むおおらかさがある

どこか風のようにつかみきれず
どこか霧のように神秘的で
どこか月のように静かな光を放つ

りきまず 
むりなく 
しぜんたい

愛は
《ゆるす》ことで
《がまん》ではないこと

太陽の光が雪を溶かすように
川の流れが汚れを流すように
ゆっくりとゆっくりと
自然に還り溶け込んでいく
困難も悩みも自然の一部だと

陰と陽
ネガティブとポジティブ
悲しみと喜び
そのどちらもが大切で
ごく自然なこと

昼と夜
太陽と月
どちらも必要な要素

自然の流れを素直に見つめ
穏やかに丁寧に暮らす
自分の心も相手の心も
癒し愛しながら


透明感と神秘的な瞳を持つ 
真の意味で自立している美しい人
ガレドラロワール。。。


※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。



|

2008年6月 6日 (金)

アンブラン

【チーズ名】アンブラン
【原産国】
フランス
【タイプ】
ウオッシュタイプ
【味わい】
海藻の歯ごたえ もっちりまろやか

Img_209400

【外観】オレンジ色のしっとりとした薄い皮で
    少し乾いている。やや固めの皮。
    生地はむっちりもちもち弾力がある
    ピンクや緑の細かい海藻がたくさん入る
    気泡は楕円形で全体的にまんべんなく入る

【香り】ウオッシュ特有の香りも穏やかで
    栗きんとんのような甘みある香り

【味わい】さりっとしたウオッシュ皮は香り穏やか
     栗のような味も感じる
     生地はクリーミィ&ミルキィーで旨味あり
     海藻の食感がぷちぷちして面白い
     塩味は割と穏やか


キュレナンテいうウオッシュチーズ
にブルターニュの海藻を刻んで入れた
ニューフェースのチーズです!


キュレナンテに比べると表皮がしっかりしていて

味わいも濃く生地も気泡が入りクリーミィーです
海藻の食感と潮の香りが面白い!

表皮の香りは栗きんとんのようにはんなり
生地もまろやかで素朴な雰囲気です!


いつも応援してくれてほっと安心させてくれる
そんなイメージの子です!

1日の終わりに濃いめに入れた緑茶に
アンブランをスライスして一息。。。


個性の強すぎないアンブランが
『お疲れさま!今日もよく頑張ったね』
ってそばに寄り添ってくれると。。。

ふう〜
もつれた心の紐がぱらりほどけてゆきそう
『うん、明日も頑張れそう』

蒸し暑い日は冷酒と。。。
暑い日はビールと。。。
ストレスのある日は芋焼酎ロックで。。。
どんなお酒にもつき合ってくれるアンブラン
アンブランちゃん、今日も応援ありがと!

明日はいつでも用意されているんだね
失敗してもくじけても今度こそ!
歩き続ける限り道は用意されているのだから
今日は今日の一歩、明日は明日の一歩
地道にそして笑顔で楽しく、ね!

そんな気分にさせてくれる子です。。。


ウォッシュタイプは焼くと香りもたって
とろーりクリィーミーに食材に絡み付くので
溶かしてお料理に使うのもオススメです!

 

※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。

|

2007年10月 3日 (水)

モンドール

やってきました!
とろーりカスタードクリームの
ようなモンドールの季節です!

257807768_214

チーズの生地の周りにエピセア
(樅の木)の樹皮が巻かれていて
熟成もエピセアの木の棚で
行う規定があります

上品な木の香りに包まれた
期間限定モノで販売されるのは
秋9月〜春3月末まで

秋の訪れと春の訪れを
教えてくれる素敵なチーズです!


手作業で作っているため
大きさがまちまちなのも特徴です

大きめのチーズをひとまわり小さい
木枠にギュと詰めるので
チーズの表面が波打っています

1個が400g〜500gくらいと
ボリュームありますが
優しい風味とエピセアの香り
に包まれて 意外と1〜2回で
ペロリと食べてしまいます


食べ方としては
まずは表皮を木枠ごと
横に切り取り皮を外します

この皮はアルミ箔の上に置いて
トースタなどで
カリカリに焼いて食べます

チーズの生地を楽しんだ後に
1/3くらい残して

ニンニクのみじん切りと
白ワインを少々加えて
オーブン やトースターで焼くと
チーズフォンデュの出来上がり!

皮の付近はエピセアの樹皮の
香り豊かで焼くとますます美味♡

木枠がこげるのでチーズの型を
アルミ箔で覆うのを忘れずに!

 

余ったごはんを混ぜて
リゾット風にもなります

皮、生地、焼いた生地
と3回も楽しめるのが
モンドールの醍醐味なのです 

スイス・フランス共に
AOCに認定されています

《AOC》とは?
早く言えば政府のお墨付きのチーズで
製法、生産地域、乳種
など細かく規定が定めらています

フランス、スイスの
2つのモンドールの違いについて
解説したいと思います

 

     【フランス産モンドール】

257807768_115

乳脂肪分45% 
フラシュコンテ地方

無殺菌乳で作られているため
チーズ生地の風味と香りが濃厚
エピセアの香りは穏やかで
上品な仕上がり

表皮は洗う回数が少ないので
白っぽくやさしい風味で
焼くと美味しい
450〜500g前後 の大きさ



   【スイス産ヴァシュランモンドール】

257807768_229
乳脂肪分50% 
ヴォー州

殺菌乳で作られているため
チーズ生地の風味は優しいが
エピセアの樹皮の香りが豊か

表皮は洗う回数が多いため
オレンジ色でしっとり
濡れいて香ばしい風味で
焼かずにそのまま食べても美味しい。
350g〜450g前後の大きさ


モンドールはウォッシュタイプ
(洗うの意)のチーズです
皮は塩水を染み込ませた布
または手でこすって洗います

1個売りなので、お値段は
3500円〜4000円位まで、まちまち


これから年末年始にむけて
パーティーやプレゼントに最適です
また頑張ってる自分に
ご褒美でも良いかと思います
1年に一回くらいは
そんな贅沢もアリな気がします


ワインを合わせるなら軽めの赤
個人的には熟成香がある
ピノノワール(ブドウ品種)が
良いかと思います

ピノノワールには木や土や茸の香りがあり
エピセアの樹皮の香りにマッチします
ボディーも軽めで赤いフルーツや
紅茶のような味わいが特徴的な
フルーティーで華やかさのあるワイン




※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。


|

2007年9月26日 (水)

タレッジオ フォンダンチーズライス

【チーズ名】タレッジオ
【原産国】イタリア
【タイプ】ウォッシュタイプ
【味わい】ミルキー生地に香ばしい香り

001

お菓子のフォンダンショコラをヒントに
溶けたチーズの美味しさを考案しました。

香ばしいウオッシュチーズが
ターメリックライスからとろりと溶け出す
シーフードのフォンダンチーズライスです!


《材料》6人分

○タレッジオ 150g
○ターメッリクライス→5.5㎝セルクル使用
 (米1合に対して小さじ1のターメリック)
○ニンニク 1かけ(みじん切り)
○シーフードMIX 120g
○卵 1個
○セルフェィーユ 彩りとして少々
○シーズニングスパイス 少量



《作り方》

1 ターメッリクライッスを炊飯器で炊く

2 シーフードは解凍しペーパーで水気をとり
  ニンニクとオリーブ油でソテーして
  シーズニングスパイスで味つけする。

 

3 薄焼き卵でタレッジオ(サイコロ状)を包み
  ターメリックライス詰めたセルクルの
  真ん中に入れてさらにターメリックライスで
  上からフタをする様に詰める

4 セルクルを抜いて上にシーフードをのせて
  かるくラップをして電子レンジにかけて温める
  (500Wの場合、1個につき20〜30秒)

5 彩りで好みのハーブを飾りできあがり
  中のチーズが熱々とろとろのうちに召し上がれ! 


 

■■トローリ演出のためのPOINT!■■

薄焼き卵が破れない様に
タレッジオチーズをやさしく包む

セルクル型のターメリックライスは
ぎゅうぎゅうな感じで詰める

セルクル型の内側に油を塗っておくと
ライスがくっつかず綺麗に抜けます




※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。





|