カテゴリー「日本酒」の3件の記事

2009年2月19日 (木)

貴譲酒×ブルー・ド・メメー

仕込み水の一部を清酒にかえて作られるお酒 貴譲酒

お酒をお酒で仕込むためにその味わいは熟成感があり
濃く貴腐ワインのようにとろり甘みがあるお酒♡


Img_0600012

貴腐ワインにはブルーチーズを合わせるのが定番ですから
貴譲酒にブルーチーズもきっと相性はいい筈。。。



そこで。。。
オーベルニュ地方の、羊のミルクから作られる
青カビチーズを合わせてみました!




《貴譲酒 × ブルー・ド・メメー》

Img_1253000
ブルードメメーは
オーヴェルニュ地方で牛乳製のブルーチーズ
【ブルードラカイユ】を作っているラカイユ社の
羊乳製のブルーチーズです!


ルエルグ地方の世界三大ブルーチーズ【ロックフォール】
に比べると塩味もマイルド、青カビも上品な味わい

フルーティな青カビの香りにまろやかな旨味が凝縮し
ミルクの余韻も羊乳ならではの甘さがしっかり残ります!



貴譲酒と合わせるとしっくりと馴染み
お酒の味わいが華やかになり
ブルードメメーはミルクのこくを感じます



貴譲酒の爽やかな酸味、後口がさらりとしているトコロ。。。
ブルードメメーの程よい塩味、まろやかな風味。。。


どちらも個性的な存在なのに、前に出しゃばらず
相手を引き立てて、お互いの良さを引き出す関係




貴譲酒 × ブルードメメー 
個性を尊重し合いながら高めている理想のお付き合い術
今日もまたひとつ、大切な事を教えられた気がします





気になるブルードメメーのお話は?
また次回 お楽しみに。。。。


※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。


|

2009年2月 2日 (月)

貴醸酒 × アネペツ

2月はバレンタインデーの月です♡
プレゼントにぴったりで、パートナーと一緒に飲んでも
スィートな気分に浸れるとろり甘口の日本酒 
《花垣 貴譲酒》をご紹介します!

Img_0600012_2

南部酒造場(福井)  
花垣 貴譲酒
アルコール度数:15度〜16度
日本酒度:-50
酸 度:2.4
アミノ酸度:2.1
使用米:五百万石100%
精米歩合:67%
原材料名:米 米麹 清酒
熟成:8年


杏や無花果の香りに
ナッツのまろやかさと香ばしさも感じられて
ふくらみのある甘口なのですが
ほどよく酸味があり、さらっとしているため
味わいにキレがあり後味はべたつきません

琥珀色をした熟成感のある日本酒です
日本酒らしいお米の味わいもあるのに
ドライ無花果のような上品な甘みもあって美味♡

福島の南部酒造場さんの日本酒です

南部酒造場HPhttp://www.hanagaki.co.jp/ 


 



そんな《花垣 貴譲酒》に寄り添うチーズは。。。
ナッツの香りたっぷりの国産チーズ【アネペツ】です!

Img_0900000_3

北の日本生まれのこの二人、とっても好相性です!

アネペツちゃんの上質なミルクの旨味と
ナッツ香が引き立てられたかと思うと。。。

《花垣 貴譲酒》君の味わいはぐっと深くなり
アネペツちゃんを優しく包み込んでくれます。

無花果や杏の香りとナッツ香が折り重なり
チーズの旨味とミルキーさが一体化して結ばれて。。。
とってもロマンティックな組み合わせが誕生です♡

気になるアネペツチーズのお話はまた次回!
お楽しみに。。。


★貴譲酒とは?

平安時代から不老長寿のお酒として
もてはやされ江戸時代中頃まで作られていました。
仕込み水の一部を清酒にかえ製造したもので
お酒をお酒で仕込むためにその味わいは熟成感があり
濃く貴腐ワインのように甘みがあるのが特徴です。
味わいも甘口のシェリーに例えられたりして
食前・食後にぴったりのお酒なのです。



※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。








|

2009年1月 8日 (木)

しずく酒 × アジアーゴ

2009年、最初にご紹介するのは日本酒です!

Img_0184000

栄光酒造(愛媛)  
純米大吟醸「笹おり」
アルコール度数:15.5度
日本酒度:+2.0
酸 度:1.2
アミノ酸度:0,9
使用米:松山三井
精米歩合:40%


この日本酒の試飲をさせてもらった時
その美味しさにうっとりしてしまいました。。。
まるで洋梨のような香り高いジューシーさ
ふくらみのある米の旨味も残りつつ
まろやかながら辛口で上品に整った綺麗なお味♡

愛媛の栄光酒造さんの日本酒です。

栄光酒造HP  http://eiko.shop-pro.jp/ 

火入れを行わない本生です。
地元の松山三井という白米を40%まで精米し
手造りで醸造した醪を、よくさらした木綿の酒袋に入れ
何の圧力もかけずに自然の状態で一滴ずつ
しずくを垂らすようにぽとぽと搾り取ったお酒は
昔ながらの丁寧な作り方です。

Img_0000638

しぼりたてのお酒は乳白濁をしていて
それを〈ささおリ〉というそうです。

時間も手間もかけてじっくりじっくり大事に
つくられたお酒のお酒《しずく酒》なのです!

そんな端麗美女の純米大吟醸《笹おり》さんのお相手は。。。



イタリアの熟成違いのアジアーゴ兄弟です!
アジ アーゴは北イタリア
ヴェネト洲の大きな山のチーズです

12ヶ月熟成★ストラベッキオ君と、
20日〜40日熟成☆プレッサート君が
《笹おり》さんをエスコート


お兄さんのストラベッキオ君は
ミルクの一部を脱脂して造られるのが特徴で
アミノ酸の旨味たっぷ り固めの生地で深い味

一方 弟のプレッサート君は
ミルクの旨味をたっぷり含んだ
柔らかくしっとりやさしい味わい

兄弟でもタイプの違うお二人さん
《笹おりさん》とうまくお付き合いできるかしら?


気になるチーズの兄弟と《笹おり》さんとのお話は。。。

また次回のお楽しみ☆


■■日本酒ラベルの見方■■

〈日本酒度〉
酒に含まれる甘辛度を表示したもの。
一般的には+が高い程辛口で−になるほど甘口とされるが
同じ日本酒度でも酸度やアミノ酸度の影響にも左右される

〈酸度〉
コハク酸、乳酸、リンゴ酸、アミノ酸など
有機酸が日本酒の酸味や旨味を作る。
1.4あたりを中心に数が大きくなると酸味が強く
低いと端麗になる

アミノ酸度
日本酒に含まれるアミノ酸を表す数値。
甘み、旨味、酸味、苦みなどの味の構成要素になる。
だいたいは1.2〜1.6くらいが多い。1.4くらいが基準。

精米歩合
お米の精米の程度を%で表したもの。
40%精米の場合ならば、玄米の表面から60%削りとり
元のお米の重量の40%まで米を磨いた事になる。


※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。

|