カテゴリー「●セミハードチーズ」の1件の記事

2009年5月17日 (日)

山のチーズ

【チーズ名】山のチーズ
【原産国】日本 長野県 松本市
【タイプ】ウオッシュタイプ
【味わい】ミルクの旨味たっぷり 優しい塩味と酸味

Img_2300055

【外観】
表皮はマットでしっかりとしている
薄いピンクオレンジがかっていて白く乾いている
生地はアイボリー色でもっちりとソフト
小さな気泡はまんべんなく全体に入っている

【香り】
皮付近は新しい干し草やい草の爽やかで心地よい香り
土っぽい素朴な香りも少し感じる
レモンの甘いジュレのような爽やな甘い香り
清潔感のあるミルクの香りがたっぷりとあって
アーモンドのような香ばしさとまろやかなナッツ香

【味わい】
ソフトでもっちりした生地はミルクの旨味がたっぷり
皮付近はミネラル感があり少しシャープな印象がある
ウォッシュチーズのクセのある味わいが少しあり美味

塩味、酸味ともにマイルドで綺麗な後味



清水牧場 山のチーズは3ヶ月熟成の
塩水で洗って作るセミハードチーズです

まろやかでミルクのコクもたっぷりありながら
軽いウォッシュチーズの香りがフルーティ
塩味と酸味は穏やかで食べやすいのが特徴

焼いて食べても香り高く
トローリ溶けて美味しいです

清水牧場のチーズは
ミルク香りが清らかなイメージで
目を閉じると、
清水牧場の山岳の牧場が目に浮かぶよう
新しい畳に感じる 
い草の爽やかな香りに加え 
レモンジュレのような甘く淡い香りがします
そんな 山のチーズのイメージは。。。


穏やかな時間
僕はお茶を飲みながら
漂う空気をも飲んでいる

彼女と 
それをとりまく 
ゆるやかな空間

色白の華奢な身体
明るい茶色のミディアムボブ
ソファーにちょこんと座って
ソフトな声質は
子守唄のように心地よく

『お茶を丁寧に美味しく入れる事は
自分と相手を大事に扱う事なの
たとえどんな関係であっても
お茶はその仲を取り持ってくれる
そして会話にいい“間”を与えてくれる
お茶を入れながら学んだ
付き合いの大切なコツだわ。。。』

澄んだ瞳はどことなく
懐かしくあたたかく
僕は忘れていた何か
大切なモノを思い出しそうな
それでいて思い出せない
不思議な気持ちになるんだ

彼女はいつも
画廊に来た客を見て
話をしながら和ませる
そして相手に合わせて
お茶の種類や器 
お茶菓子を選ぶのだ

彼女の持つ 
空気感と所作 
それはとても美しい

僕は画廊に通い
彼女のお茶を頂くうちに
彼女と彼女をとりまく空気を
好きになってしまった

そして僕は
いつしか手に入れた
ありふれた 
この上ない幸せ
彼女と過ごす
夫婦の穏やかなお茶の時間


なんて
優しく穏やかな時間を運んでくれる
いつまでも飽きのこない
総明で才色兼備な人のイメージ

清水牧場 山のチーズ。。。

  


※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください

 

|