« 2月 St. Valentine's dayのマリアージュ | トップページ | オッチェリ燕麦ウイスキー »

2012年2月 5日 (日)

マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァ NV   ヴィラトニーノ

2月 St. Valentine's day

大切な人と語らう時間をさりげなく用意してくれる
食後にまったり愉しめる《マルサラ》のご紹介です!

 

《マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァ NV》

生産地 イタリア シチリア島
造り手 ヴィラトニーノ
葡萄品種 インツォリア・カタラット・グリッロ
アルコール度 18度

Img_7917
取扱店 ポンテ・ヴィーノ http://www.pontevino.co.jp/

【外観】淡い茶色かがった濃いめの黄金色

【香り】ドライ杏 栗や森の蜂蜜の様なワイルドな香り
    ローストアーモンド メープルシシロップ 
    シナモン・クローブなどの優しいスパイス
    バニラビーンズ

【味わい】果実味を感じる味わい。綺麗でピュアな甘さ
     酸味が綺麗でするっと喉を通っていく
     後味はドライで口の中を引き締めてくれて
     アルコールのボリューム感が口にふんわり残る


自然の葡萄の甘みがピュアにあってこうばしい香り♡
するっと喉を通っていくけど、ボリューム感もあります
コクのあるローストアーモンドや杏の味わい 
バランス良い酸味と果実味が綺麗に感じられて
するすると心に染み渡る感じでじんわり癒されます!


イタリア・シチリア島で作られる酒精強化ワイン《マルサラ》
アラビア語で【神の港】の意味するシチリア島西部の
マルサラという地域の名前でもあります
マディラ酒を真似て作られたのが始まりだそう

スペインのシェリー酒、ポルトガルのポート酒と同じ様に
長期輸送に耐えられるように作られたのが始まりです

DOC(原産地呼称名称)として原産葡萄や栽培エリア
醸造法など法律で規定されていて昔からの伝統が守られています

葡萄ジュースを発酵させブランデーやワイン蒸留酒を加え
糖度を残したままアルコール度数を高めオーク樽で熟成させます
熟成年数の違いや糖度によっていろいろなタイプがあります

“ヴィラ・トニーノ”は有名醸造コンサルタントの
アルベルト・アントニーニ氏が手掛けています







合わせたチーズ2品は。。。

オッチェリ燕麦ウイスキー

Img_7909
取扱店 フェルミエ http://www.fermier.co.jp/

山羊と牛の混乳のハードチーズ《テストゥン》は
石頭の愛称で呼ばれ親しまれて来ました。

オッチェリ社はテストゥンチーズを バローロワインの搾りかす
(葡萄品種ネッビオーロ)に漬け込む《酔っぱらいチーズ》
で一躍有名になったピエモンテ地方の造り手です!

このチーズは最低1ヶ月間ウィス キーに漬け込んで酔っ払わせた
ベッピーノ・オッチェッリ氏によるオリジナルのチーズです
乳種や割合は季節で違いますが最高品は牛乳に山羊乳を
混ぜたものらしいです。表面の燕麦が香ばしいアクセント!

マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァNVに合わせてみると。。。
お互い肩肘張らずにゆったり許し合う関係♡
安心して相手に心ゆだね合える癒しあう関係でした!



そしてもう1品は。。。

シングルトンアップルパイチーズ
Img_7912
取扱店 フェルミエ http://www.fermier.co.jp/


イギリスの《ホワイトスティルトン》のアレンジ版チーズ
甘み抑えめのふわっふあの口溶けのよい生地にドライレーズン
やドライリンゴを細かく刻んだものが入っています
表皮にはシナモンパウダーが程良くまぶしてあります
フルーティで香り高く上品で優しい味わい♡

シングルトン社のチーズホワイトシリーズは他にも
レモンピール・ブルーベリーなどがあります

イギリスのほの甘チーズは紅茶に合わせても勿論美味しい
のですがスパークリングワインでも美味しく頂けます!

マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァNVに合わせてみると。。。

アルコール感のある仄かな甘みと果実味のあるマルサラを
ドライフルーツの甘みと果実味がふっくら包み込む関係
本当のいい女はこうして男性を支えるのかな。。。
そんな気持ちにさせてくれる素敵なチーズです♡


気になる2品のチーズ評価はまた次回。。。

お楽しみに☆






※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。


|

« 2月 St. Valentine's dayのマリアージュ | トップページ | オッチェリ燕麦ウイスキー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事