« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月21日 (火)

マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァをたっぷり練り込んだバニラジェラートとローステッドカカオとアーモンドのビターショコラブラウニーのデセール シングルトンアップルパイチーズとのコラボ

イタリア・シチリア島で作られる酒精強化ワイン《マルサラ》は
ピュアな葡萄の甘みとローストアーモンドや杏の味わい

シナモンをまとった甘み抑えめのふわっふあの生地に
ドライレーズンやドライリンゴを細かく刻みこんだチーズ
イギリスの《シングルトンアップルパイチーズ》との
マリアージュの関係は。。。

アルコール感のある仄かな甘みと果実味のあるマルサラを
ドライフルーツの甘みと果実味がふっくら包み込む関係
本当のいい女はこうして男性を支えるのかな。。。
そんな素敵な気持ちにさせてくれました♡



甘さ控えめ口溶けの良いシングルトンアップルパイチーズと
ビターショコラとマルサラ風味ミルクジェラートとのコラボ☆
マルサラ風味が効いた大人のデセール皿の完成です!

Img_8053
《シングルトンアップルパイチーズ》の詳しいお話はコチラ
http://ycs.txt-nifty.com/c/2012/02/post-92f4.html

カカオ分が70%以上のチョコレート使用のブラウニー
粗く刻んだアーモンドとローステッドカカオがアクセント!


チーズのふあふあ感とマルサラ入りバニラジェラートの
食感を考えて、しっとり濃い味わいのガトーショコラではなく
さっくり&ややしっとりの軽めの生地に仕上げています
お砂糖少なめでアーモンドプードルを入れました

ブラウニーには食感があった方がいいです
お好みのナッツを入れるといいと思います


ブラウニーやバニラアイスは市販の物でもいいですし
お酒好きな方はブラウニーにもお酒を入れたり
刷毛で少し染み込ませたりしても良さそう♡





チーズとマルサラ入りバニラジェラートを合わせると。。。
ラムレーズンアイスっぽい感じになります♡

Img_8057


マルサラ入りバニラジェラートのなめらかさとお酒の香り。。。

ブラウニーのビターな甘さとナッツ&カカオの食感。。。

シングルトンアップルパイチーズのふあふあエアリー生地に
ドライフルーツとシナモンのアクセントのある味わい。。。



それぞれの個性がお互いを引き立てる感じでマッチング
甘さ控えめ大人のいい関係だなって思ってしまいました♡





合わせたお酒は。。。

イタリア・シチリア島で作られる酒精強化ワイン《マルサラ》

Img_7931
マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァのお話はコチラ
http://ycs.txt-nifty.com/c/2012/02/nv-21b1.html

葡萄ジュースを発酵させブランデーやワイン蒸留酒を加え
糖度を残したままアルコール度数を高めオーク樽で熟成します

自然の葡萄の甘みがピュアにあってこうばしい香り
するっと喉を通っていくけど、ボリューム感もあります
コクのあるローストアーモンドや杏の味わい 
バランス良い酸味と果実味が綺麗に感じられて
するすると心に染み渡る感じでじんわり癒されます



シングルトンアップルパイチーズを使った
大人っぽいデセール皿に合わせて頂けば。。。

お酒の香りと上品な甘さに包まれた
ちょっと特別なバレンタインの演出が出来そうです♡


 


※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。



|

2012年2月19日 (日)

シングルトンアップルパイチーズ

【チーズ名】シングルトンアップルパイチーズ
【原産国】イギリス ノースヨークシャー州
【タイプ】その他のタイプ
【味わい】ふわっとした生地にフルーツ&シナモンの甘い味

Img_7912
取扱店 フェルミエ http://www.fermier.co.jp/

【外観】皮のない茶色い表面はシナモンがまぶしてある
    中の生地は薄い茶のニュアンスのあるアイボリー色
    柔らかくしっとり感のある生地に細かく刻んだ
    ドライレーズンとドライアップルがびっしり入っている

【香り】シナモンの効いたアップルパイの香り。チーズケーキ
    ぎゅっと凝縮したドライフルーツの甘みのある香り 

【味わい】ふあふあ食感の生地はしっとりしているけど
     パウダー感のあるエアリーで軽い舌触り
     チーズの水分を含みしっとり柔らかくなった 
     ドライフルーツがジューシー感を与えている
     さりっとした林檎の食感も楽しい。優しい甘み。
     後味をシナモンパウダーが上品に包み込む



イギリスの《スティルトン》は世界三大ブルーチーズの一つ
因みにあとの2つは↓↓↓

☆フランス ロックフォール
☆イタリア ゴルゴンゾーラ

スティルトンチーズはチェダリングという作り方をします
出来上がったチーズのカード(生地)を一旦ぽろぽろに砕き
専用の鍋で加塩してチーズ型に詰めて形成します
自然の重みでくっついた生地はもろっとした生地になります

 


スティルトンチーズに青カビ菌を入れずに作るものが
《ホワイトスティルトン》です
チーズケーキの様な味わいで人気があります

シングルトンアップルパイチーズは
《ホワイトスティルトン》のアレンジ版チーズです
甘み抑えめのふわっふあの口溶けのよい生地にドライレーズン
やドライリンゴを細かく刻んだものが入っています
表皮にはシナモンパウダーが程良くまぶしてあります
フルーティで香り高く上品で優しい味わい♡

シングルトン社のチーズホワイトシリーズは他にも
レモンピール・ブルーベリー・などがあります


ふあふあっとしたエアリー感のある生地
控えめな甘みが大人ぽく落ち着いた印象です
ドライフルーツやシナモンの香りがアクセント♡

繊細さと可愛らしさを兼ね備えた大人の女性
楽しさをぎゅっと生活に詰め込んでいるような

そんな《シングルトンアップルパイチーズ》イメージは。。。









無理なく周囲を包み込む

彼女の空気感

優しくて穏やかで安心できる

自然体でいられるのは

インプットとアウトプットが上手だから


人生の愉しさ ぎゅっと生活に詰め込んで

アクティブに彩ってゆく

自由さや好奇心を味方につけて

暮しにスパイスを利かせる



自分らしくいる 心がニュートラルに還るように

柔らかさをもつ 心に暖かい灯りをともすために

潤いを与える 心の花を咲かすために



自分を大切にすること

それは関わる人を大切にすることに繋がる



自分を愛せてこそ

他人を本当の意味で愛せる

とても単純で とても大切な事

彼女はきっと潜在的に知っているんだ



いつしか彼女を慕って素敵な人たちが集まる

落ち着いた大人のセンスに魅せられていく

まるで美しい花に蝶や蜜蜂が次々にキスするみたいに。。。







そんな。。。

暮しを彩りながら素敵に周りを巻き込んでゆく
キュートでセンスのある大人の女性


シングルトンアップルパイチーズ。。。






※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。









|

2012年2月15日 (水)

黒毛和牛のステーキ オッチェリ燕麦ウイスキーとオランダ蕪のピュレと共に やなぎまつたけのウイスキーソースと薫製ピスタチオの香りをまとって 


イタリア・シチリア島で作られる酒精強化ワイン《マルサラ》は
ピュアな葡萄の甘みとローストアーモンドや杏の味わい
ウィス キーに漬け込んで酔っ払わせ表皮に付いた燕麦が印象的な
《オッチェリ燕麦ウイスキー》とのマリアージュでは。。。

お互い肩肘張らずにゆったり許し合う関係
安心して相手に心ゆだね合える癒しあう関係でした♡


 

黒毛和牛と酔っぱらいチーズを組み合わせたメイン料理
ウイスキーの香りを効かせた印象的な一皿に仕上げました!

Img_8045
《オッチェリ燕麦ウイスキー》の詳しいお話はコチラ
http://ycs.txt-nifty.com/c/2012/02/post-5cd4.html

〈材料〉
○オランダ蕪
○ポロネギ
○にんにく 少々
○野菜のブイヨン

○やなぎまつたけ
○ウイスキー
○グレイビーソース
○バター

○黒毛和牛
○オッチェリ燕麦ウイスキーチーズ

○クレソン
○薫製ピスタチオ


《作り方》

1オランダ蕪のピュレを作る
 弱火の鍋でポロネギをバターで炒めにんにくを少々入れる。
 オランダ蕪を入れてゆっくり火を通したら
 ひたひたの野菜ブイヨンで煮てミキサーでピュレ状にする
 塩胡椒で味を整えておく

2やなぎまつたけのソースを作る
 カットした茸は軽く塩をふって強火でフライパンでソテー
 グレイビーソースとウイスキーを入れて煮る
 最後に冷たいバターでソースにとろみを付ける 
 
3チーズはスライスしておき
 ピスタチオは割れ目に沿って1/2カットにしておく

4牛肉を焼いて暖かなところで暫く休ませカットする

5ピュレお肉&チーズ茸ソースナッツ&クレソン
 の順に皿に盛り付ければ完成!





ウイスキーの香りが印象的なメイン料理です!

Img_8049

オランダ蕪はジャガ芋と蕪の中間のような美味なる野菜です!

黒毛和牛の脂のコクとチーズの個性がしっかりあるので
さっぱりとしたオランダ蕪が優しくマッチして好相性♡

ウイスキーのオーク樽のチップで薫製させたピスタチオと
やなぎまつたけのコクのあるウイスキーソース。。。

大人っぽくお酒の味わい&香りが効いていてジューシー
色んな味わいや食感が愉しめるお料理です!



オランダ蕪は珍しい野菜なので手に入りにくいので
ジャガ芋と蕪を半々でピュレにするといいかもしれません
例えばチーズもスモークチーズやハード系チーズにしたり
茸はブラウマッシュルームにしても良いと思います














※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。

|

2012年2月 7日 (火)

オッチェリ燕麦ウイスキー

【チーズ名】オッチェリ燕麦ウイスキー
【原産国】イタリア
【タイプ】その他のタイプ
【味わい】モルトの風味が溶け込んだ大人の味わい

Img_7909
取扱店 フェルミエ http://www.fermier.co.jp/

【外観】表皮に燕麦の粒がびっしり付いていて
    モルトが染み込んでいるため柔らかい
    生地は中心部にいく程白く表皮に近い部分は薄茶色
    気泡が全体的に所々に散らばって入っている

【香り】酸味を感じる香りは山羊と牛の混乳のハードチーズ 
    《テストゥン》の香りから来るものだと思われる
    皮付近の香りはモルトやこうばしいロースト香 
    生地の香りは完熟した洋梨のような甘い香り

【味わい】モルトの味が染み込み大人っぽい印象
     酸味はマイルドで旨味がたっぷり感じられる
     塩味は優しく柔らかな印象。コクのある味わい
     生地はしっとりして歯にくっつく感じ


山羊と牛の混乳のハードチーズ《テストゥン》は
石頭の愛称で呼ばれ親しまれて来ました。

オッチェリ社はテストゥンチーズを バローロワインの搾りかす
(葡萄品種ネッビオーロ)に漬け込む《酔っぱらいチーズ》
で一躍有名になったピエモンテ地方の造り手です!

このチーズは最低1ヶ月間ウィス キーに漬け込んで酔っ払わせた
ベッピーノ・オッチェッリ氏によるオリジナルのチーズです
乳種や割合は季節で違いますが最高品は牛乳に山羊乳を
混ぜたものらしいです。表面の燕麦が香ばしいアクセント!


表皮に付いた燕麦が印象的な《オッチェリ燕麦ウイスキー》
見た目のワイルドな印象より、ずっと繊細で柔らかい味♡

モルトの染み込んだ生地は香ばしくこっくりとした味
ぎゅっと詰まった旨味がありつつ繊細さも持ち合わせています


柔らかな色香があって、静かな情熱を秘めてる感じがしました
そんな《オッチェリ燕麦ウイスキー》のイメージは。。。





もの静かで落ち着いた眼差し

生き方に香りをまといながら

心はゆったりと凪いでいる


美しさについて

彼が編み出す情熱

静寂さを伴いながら

ピュアな風になる


柔らかい瞳の中に秘めた強い精神

本来あるべき真実を追い求めて行けば

本物の美しい自分になってゆけると

 

彼は生き方を通して示してくれる

品格が生き方に香りをもたらすのだということを。。。






そんな。。。

生き方に香りをまとう大人の魅力あふれる男性

オッチェリ燕麦ウイスキー。。。。






※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。




|

2012年2月 5日 (日)

マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァ NV   ヴィラトニーノ

2月 St. Valentine's day

大切な人と語らう時間をさりげなく用意してくれる
食後にまったり愉しめる《マルサラ》のご紹介です!

 

《マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァ NV》

生産地 イタリア シチリア島
造り手 ヴィラトニーノ
葡萄品種 インツォリア・カタラット・グリッロ
アルコール度 18度

Img_7917
取扱店 ポンテ・ヴィーノ http://www.pontevino.co.jp/

【外観】淡い茶色かがった濃いめの黄金色

【香り】ドライ杏 栗や森の蜂蜜の様なワイルドな香り
    ローストアーモンド メープルシシロップ 
    シナモン・クローブなどの優しいスパイス
    バニラビーンズ

【味わい】果実味を感じる味わい。綺麗でピュアな甘さ
     酸味が綺麗でするっと喉を通っていく
     後味はドライで口の中を引き締めてくれて
     アルコールのボリューム感が口にふんわり残る


自然の葡萄の甘みがピュアにあってこうばしい香り♡
するっと喉を通っていくけど、ボリューム感もあります
コクのあるローストアーモンドや杏の味わい 
バランス良い酸味と果実味が綺麗に感じられて
するすると心に染み渡る感じでじんわり癒されます!


イタリア・シチリア島で作られる酒精強化ワイン《マルサラ》
アラビア語で【神の港】の意味するシチリア島西部の
マルサラという地域の名前でもあります
マディラ酒を真似て作られたのが始まりだそう

スペインのシェリー酒、ポルトガルのポート酒と同じ様に
長期輸送に耐えられるように作られたのが始まりです

DOC(原産地呼称名称)として原産葡萄や栽培エリア
醸造法など法律で規定されていて昔からの伝統が守られています

葡萄ジュースを発酵させブランデーやワイン蒸留酒を加え
糖度を残したままアルコール度数を高めオーク樽で熟成させます
熟成年数の違いや糖度によっていろいろなタイプがあります

“ヴィラ・トニーノ”は有名醸造コンサルタントの
アルベルト・アントニーニ氏が手掛けています







合わせたチーズ2品は。。。

オッチェリ燕麦ウイスキー

Img_7909
取扱店 フェルミエ http://www.fermier.co.jp/

山羊と牛の混乳のハードチーズ《テストゥン》は
石頭の愛称で呼ばれ親しまれて来ました。

オッチェリ社はテストゥンチーズを バローロワインの搾りかす
(葡萄品種ネッビオーロ)に漬け込む《酔っぱらいチーズ》
で一躍有名になったピエモンテ地方の造り手です!

このチーズは最低1ヶ月間ウィス キーに漬け込んで酔っ払わせた
ベッピーノ・オッチェッリ氏によるオリジナルのチーズです
乳種や割合は季節で違いますが最高品は牛乳に山羊乳を
混ぜたものらしいです。表面の燕麦が香ばしいアクセント!

マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァNVに合わせてみると。。。
お互い肩肘張らずにゆったり許し合う関係♡
安心して相手に心ゆだね合える癒しあう関係でした!



そしてもう1品は。。。

シングルトンアップルパイチーズ
Img_7912
取扱店 フェルミエ http://www.fermier.co.jp/


イギリスの《ホワイトスティルトン》のアレンジ版チーズ
甘み抑えめのふわっふあの口溶けのよい生地にドライレーズン
やドライリンゴを細かく刻んだものが入っています
表皮にはシナモンパウダーが程良くまぶしてあります
フルーティで香り高く上品で優しい味わい♡

シングルトン社のチーズホワイトシリーズは他にも
レモンピール・ブルーベリーなどがあります

イギリスのほの甘チーズは紅茶に合わせても勿論美味しい
のですがスパークリングワインでも美味しく頂けます!

マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァNVに合わせてみると。。。

アルコール感のある仄かな甘みと果実味のあるマルサラを
ドライフルーツの甘みと果実味がふっくら包み込む関係
本当のいい女はこうして男性を支えるのかな。。。
そんな気持ちにさせてくれる素敵なチーズです♡


気になる2品のチーズ評価はまた次回。。。

お楽しみに☆






※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。


|

2012年2月 1日 (水)

2月 St. Valentine's dayのマリアージュ

2月 St. Valentine's day

世界中で愛の誓いとハートが飛び交う
ときめく恋から始まりゆっくりと育む愛へ
お互いの心を見つめ合えば
気持ちを尊重して高め合える
いつしか言葉がなくても通じ合える程に
恋人達は許し合い一つに溶け合ってゆく。。。


ときめく愛の形も燃える程の情熱も
次第に放物線を描いてゆきます
愛の形は緩やかな丘に変換されてゆくのだと思います

パートナーとの関係をこれから築いてゆく方も
長い道のりをパートナーと寄り添い歩んできた方も
恋人とゆっくりと語らう時間を持って欲しい
感謝の気持ちで相手の心をたっぷりと満たしながら。。。




2月 大切な人と語らう時間をさりげなく用意してくれる
食後にまったり愉しめる《マルサラ》のご紹介です!

 

マルサラ・スペリオーレ・リゼルヴァ NV

Img_7917
取扱店 ポンテ・ヴィーノ http://www.pontevino.co.jp/  

生産地 イタリア シチリア島
造り手 ヴィラトニーノ
葡萄品種 インツォリア・カタラット・グリッロ
アルコール度 18度


イタリア・シチリア島で作られる酒精強化ワイン《マルサラ》
アラビア語で【神の港】の意味するシチリア島西部の
マルサラという地域の名前でもあります
マディラ酒を真似て作られたのが始まりだそう

葡萄ジュースを発酵させブランデーやワイン蒸留酒を加え
糖度を残したままアルコール度数を高めオーク樽で熟成させます
熟成年数の違いや糖度によっていろいろなタイプがあります

自然の葡萄の甘みがあって香ばしい♡
コクのあるローストアーモンドや杏の香り 
バランス良い酸味と果実味が綺麗に感じられて
じんわり心に染み渡る感じの味わいです!



合わせたチーズ2品は。。。


オッチェリ燕麦ウイスキー

Img_7909
取扱店 フェルミエ http://www.fermier.co.jp/

山羊と牛の混乳のハードチーズ《テストゥン》は
石頭の愛称で呼ばれ親しまれて来ました。

オッチェリ社はテストゥンチーズを バローロワインの搾りかす
(葡萄品種ネッビオーロ)に漬け込む《酔っぱらいチーズ》
で一躍有名になったピエモンテ地方の造り手です!



そしてもう1品は。。。

シングルトンアップルパイチーズ
Img_7912
取扱店 フェルミエ http://www.fermier.co.jp/


イギリスの《ホワイトスティルトン》のアレンジ版チーズ
甘み抑えめのふわっふあの口溶けのよい生地にドライレーズン
やドライリンゴを細かく刻んだものが入っています
表皮にはシナモンパウダーが程良くまぶしてあります
フルーティで香り高く上品で優しい味わい♡


※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。




|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »