« ドゥエ ステッレ f 2010  『ふたつ星 f』 × 三良坂フロマージュ スカモルツァ | トップページ | 三良坂フロマージュ スカモルツァ・アッフミカータの帽子をかぶったラウホリンダーシンケン 個性派の冬野菜達と共に頂く温かな冬の前菜 マスタードマヨネーズドレッシングの香り  »

2012年1月22日 (日)

三良坂フロマージュ スカモルツァ・アッフミカータ

【チーズ名】スカモルツァ・アッフミカータ
【原産国】日本 広島県
【タイプ】その他のタイプ
【味わい】もっちり生地 ミルキーで穏やかな塩味に薫製香 
Img_7740
取扱店 三良坂フロマージュ 
http://www.m-fromage.com/   



【外観】ころんとしたボール型 スモークによる淡い茶色の皮
    中の生地は黄味のあるアイボリー色
    組織はしっかり詰まってもっちりとした弾力がある

【香り】スモークの香ばしい香り ローストアーモンド
    カフェラテの香り 綺麗で上質なミルクの香り

【味わい】そのまま食べるとしこっしこっとした弾力がある
     ミルクの旨味が噛む程にじわっと出てくる
     上品なスモークの味がチーズに溶け込んでいる
     後味は美味しいカフェラテの様に優しくふんわり


イタリア料理でおなじみ〈モッツァレラチーズ〉を
ソフトに熟成させたものがスカモルツァチーズです
アッフミカータとは薫製の事なのですが
イタリアではこのタイプのチーズは多く、大きく作ったり
縄でしばって吊るして熟成させたりしています
ビアンコ(白の意味)といって薫製させないものもあります

最近では国産チーズでもよく見かけます

このチーズはパスタフィラータタイプと言って
生地を熱湯の中で練る製法を取っていて
出来上がった生地がさけるのが特徴
そのようなチーズは焼いても液状には溶けにくく
厚めにスライスしてステーキとして食べられたりします
焼くと糸引きも抜群で香りもUP !お料理にも最適です



広島県 フロマージュ三良坂さんの
スカモルツァ・アッフミカータを味わってみると

きゅきゅっとした歯ごたえがあってとてもミルキー!
品のある薫香が心地よく口一杯に広がります
ミルクの旨味が噛む程にじわっと溶け出して美味♡
焼いてみるとイタリアのスカモルツァより柔らかく溶けました


ころんとしたキュートな姿を見ていると心和みます
そんな《スカモルツァ・アッフミカータ》のイメージは。。。





心がまあるくなったならできるかな

トラブルをころんと転がってかわしたり

苦手なものからころころと遠くまで離れたり

ぽんって弾んで今の場所から高いところにあがったり


ニュートラルに転がっていたら見つかるだろう

特別に探し求めて歩かなくても

たぶん波動の合うものは引き合っていく

見えない磁石のように


流れを受け止めて僕らしいペースで転がってゆく

心の中の大切にしたいもの 人によって違うから

個性と違いを受け入れて認めてあげる


心にまあるい円を描けたら

きっと誰も傷つくことはない

自分の中の世界もまるく守りながら 

外の世界もまるくつなげて見ていられる


心が自由に解放される時に

本物の自分らしくいられるし

本当に必要なものが見つけられると思うから





そんな。。。

自分探しを愉しみながら暮らす心まあるい自然体な少年

スカモルツァ・アッフミカータ。。。。






※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。







|

« ドゥエ ステッレ f 2010  『ふたつ星 f』 × 三良坂フロマージュ スカモルツァ | トップページ | 三良坂フロマージュ スカモルツァ・アッフミカータの帽子をかぶったラウホリンダーシンケン 個性派の冬野菜達と共に頂く温かな冬の前菜 マスタードマヨネーズドレッシングの香り  »

●その他のチーズ」カテゴリの記事

☆チーズ評価」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事