« マルク・ペノ ラ・ボエーム  × トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ | トップページ | Bonne annee! 2012 »

2011年7月19日 (火)

トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ

【チーズ名】トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ
【原産国】フランス ロワール地方
【タイプ】シェーブルタイプ
【味わい】ナッツの香りとまろやかな旨味
Img_7015_2
取扱店 アルパージュ http://www.alpage.co.jp/

 

【外観】オレンジピンクの濡れた皮はしっとりして薄め
    生地はオフホワイトで均一。しっとりとしてしなる

【香り】皮は軽いウォッシュ香で胡桃のようにこうばしく
    生地にも甘くまろやかなナッツの香りがある
    すももや白桃の果実の香りとミルクの綺麗な香り
    
【味わい】しっとりした均一の生地は旨味のある味わいで
     舌の上ですーっと溶けてゆく。ミルクのコクに加え
     酸味とミネラル感がバランスのいい味わい
     マットで濡れた皮はさりさりしていて味も美味
     全体的にまるみがありほっこりした味わい



ロワール地方の平野ではシェーブルチーズがたくさん
作られていますが大抵は小型やバトン型で
ほろっとした組織の真っ白いチーズがほとんどです

味わいもヨーグルトを思わせる爽やかで酸味のキレがある味が
特徴で熟成により水分が抜けて生地が締まって小さくなり
その分の味わいが凝縮し濃く味わい深くなります

〈トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ〉の
〈トム〉とは山のチーズの総称の事です
多くは山岳地帯で《トム・ド・○○チーズ名》という感じで
呼ばれていて、大型から中型のチーズが見かけられます
食料のない寒い冬山の生活の保存食に作られる場合が多いです



ですから!
ロワール地方のシェーブルでトムはちょっと珍しい存在!
しかも!ミュスカで表皮を拭きながら作られています!
(ミュスカとはロワール地方の白ワイン・マスカットの様な香り)


このチーズ熟成は6ヶ月。味わい深くて旨味がた〜っぷり
しっとりして味と香りに角がなくまるみのあるほっとする味

うんま〜い!素朴なのにしっかりと深い味わい。。。
はんなりウオッシュ的な個性があるところも良いカンジです!

深さを感じさせないフランクさや親しみやすさが魅力的
自然に引きつけられる天性のキャラクター性を感じます!
個性を出張したり押し付けず、自然に注目を引き寄せる感じ♡




そんなー
トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデのイメージは。。。。








にじみでる個性  じんわり感

素朴で嫌味のない魅力が彼にはある 

どこか力強く どこか繊細

穏やかさと芯の強さを併せ持つ人


お洒落に生活を楽しみながら

自己の確立に努力する

 


様々な器に自分を注ぐ

意識が液体であればその形は自在

様々に変身できる 


彼らしく

個性をアートしてゆく

暮らしに深い色彩を放ちながら



様々な経験から編み出した

独特な絵の具を胸に揃えているから

何気ない素朴な風景を描いても彼色に染まって

はっと人々が注目して心奪われてしまう


そして色の秘密を思わず探りたくなる人々を

彼は屈託ない笑顔でさらりと受け流してしまう



意識が液体であれば自由

時に大地に身を潜め 時に湖に同化して

いつかまた新しい器に入った彼の姿を街で見つける


どこか捉えどころのない魅力

心に遊びのスペースがあれば自由になれる


悲しみ深い部分から成り立つ優しさも

困難を自然体に見せる彼の強さも

周囲を和ませる屈託ない笑顔で全て包み込んで。。。








そんなー
自身の経験からあみだした独自の絵の具で人生を彩る
ピュアな少年のような笑顔が魅力の人。。。

 


トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ。。。







※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。



|

« マルク・ペノ ラ・ボエーム  × トム・ド・シェーブル・オゥ・ミュスカデ | トップページ | Bonne annee! 2012 »

●ウォッシュチーズ」カテゴリの記事

●シェーブル(山羊)チーズ」カテゴリの記事

☆チーズ評価」カテゴリの記事