« ウブリアーコアマローネのベリー系ピンチョス 桃蕪と葡萄のマスタード風ソースの香り | トップページ | ☆桃蕪とは? »

2011年2月 5日 (土)

キュルノンチュエ リーヨン・シェ・ヌゥ


☆キュルノンチュエ リーヨン・シェ・ヌゥ

Img_5499000
取扱店 キュルノンチュエ

http://www.westsho.jp/kiyomi/curnontue.html

リーヨン・シェ・ヌゥを使ったチーズピンチョスはコチラ
http://ycs.txt-nifty.com/c/2011/02/post-e4ff.html




フランスとスイスの国境沿いのフランシュ=コンテで
修行された山岡店主が日本で気候景観が似ている
岐阜県飛騨高山にアトリエを作り
ヨーロッパの伝統的手法で丁寧に薫製品を作っています

原材料には鹿児島で放牧させている国産黒豚を使い
ブルターニュ産天日乾燥塩田塩と
瀬戸内海の伯方の塩を自家ブレンドで使用しています

食品添加物の使用を極力控えているため
豚肉本来の旨味がしっかりしていて素直に綺麗な味わい

リーヨン・シェ・ヌゥはフランスのロワール地方が発祥の
ブロック状の豚バラ肉の香味揚げのことです
しっかりしたお肉の味わいで油の部分も甘く美味

厚めにカットして軽くソテーして。。。
薄くスライスしてサンドイッチに。。。
細かくカットして炒飯やスープに。。。

ブロック状なので便利にいろいろ楽しめますよ





※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。


|

« ウブリアーコアマローネのベリー系ピンチョス 桃蕪と葡萄のマスタード風ソースの香り | トップページ | ☆桃蕪とは? »

食材のこと」カテゴリの記事