« ムンロ《ドライミード》 × トム・ド・シェーブル・モンターニュ | トップページ | ムンロ《ドライミード》 ×  トム・ド・シェーブル・モンターニュをたっぷりまぶした鯵と焼き茄子の前菜 十六ささげでくるりと巻いて ランプフィシュとインド産グリーンペッパーのアクセント  »

2010年6月19日 (土)

トム・ド・シェーブル・モンターニュ

【チーズ名】トム・ド・シェーブル・モンターニュ
【原産国】フランス バスク地方
【タイプ】シェーブルタイプ
【味わい】ミネラル感たっぷり 複雑な味わいは濃くて繊細

Img_4581000
取り扱い店 アルパージュ http://www.alpage.co.jp/


【外観】しっかりした薄茶色の乾いた表皮 
    所々に白や黄色の自然のカビも見られる
    生地は白っぽいアイボリー色で
    細かい気泡が全体に見られる 
    皮付近に細かいアミノ酸の結晶が見られる

【香り】レモン ライム 
    アップルビネガーのような酸味のある香り 
    カルピスの様な乳酸飲料の香り 

【味わい】しっとりした生地で複雑な味わい
     ほろっと口の中で崩れやすく水分は抜けている
     酸味とミネラル感がたっぷり 塩味もしっかりめ 
     柑橘果実の皮の様なフルーティな甘苦さを感じる


通常 フランスでシェーブルチーズと言えば 
北のロワール地方で盛んに作られていて
小さめで真っ白い物 灰まぶしの物 バトン状の物 が主流
よく見かけますしレストランでもサーブされます 

トムとは山のチーズの総称です

フランスでは珍しい山のシェーブルチーズ。。。
ところがお隣の国スペインではよく見かけます

スペインは暑く牧草地帯より山岳地域が多くあります
牛に比べ山羊や羊は険しい山でも平気で飛び歩き 
山にある自然の草を食べて野性的で飼育しやすいのです
ですからスペインでは羊や山羊のチーズや
もしくは牛と混乳させるチーズも多いのが特徴です

バスク地方はスペインとフランスの国境沿いにあり
フランスとスペインの両国にまたがっています
独自の文化や言語、食文化がある面白い地域です

この山羊乳チーズはピレネー山脈の標高の高い場所で
2月から9月まで製造されている農家製の2.5kgの大玉です

ハードチーズの様な立派な表皮があります
皮はごわごわして美味しくないので取り除きましょう


一口食べれば その深く濃い味わいに感動
アミノ酸も見られて 旨味 塩味 ミネラル感がたっぷり!
ドライで心地よい苦みを後味に感じます。。。

深ーく染みいる しみじみした濃い味わい
懐かしいような どっかで味わったような

この味 涙に似てるなって感じました
 
頬を伝う涙が自然に唇にしみてくる時
暖かく しょっぱく 微かに苦い

色んな場面で出てくる涙

嬉しくて
悲しくて 
感動で
せつなさで
苦しくて
笑いすぎて

同じ水分なのに 違う味
まるで雨がお天気で姿を変えていくように。。。

どんな涙がこぼれても
涙は心を洗い流してくれるもの

《トム ド シェーブル モンターニュ》

そのイメージは。。。









目を閉じて森を感じる

木漏れ日 野鳥のさえずり

湿った土の香り ふあふあ落ち葉の絨毯

心地よく優しく穏やかな環境


泣きたい時 ひとり山に行く

心を洗いたいから


僕の深い悲しい水分は 

ぽたぽた落ちて 土の一部になった

悲しみの養分はひっそり佇み

いづれ 植物を育てる

 

それは きっともう一人の僕

すぐに見つけられる



いつか遠くに暮らしても

この場所を忘れない

大人になったら会いにくる


 

ゆっくりと時間をかけて

様々な感情を養分にして

複雑な香りを放つ特別な花


 

悲しみを鮮やかな美しさに変えて

山の澄んだ空気の中でその花はひっそり佇み

僕をきっとすぐに見つけてくれる

『こんにちは もう一人の私』


言葉はなく お互いの成長を見つめて

ゆっくりと森に包まれる

あたたかく見守ってくれる変わらない空気


その時 また きっと僕の目から

ぽたぽたと水分があふれだす

だけどそれは 悲しい水分ではない気がするんだ

土の一部となり 花の滋養になる



花は僕の背中を押してくれる

あなたの涙が特別な香りを放つお花にしてくれたのだと






そんな。。。

涙を美しい花に育てる ピュアな美少年

トム ド シェーブル モンターニュ。。。

 

 

※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。




|

« ムンロ《ドライミード》 × トム・ド・シェーブル・モンターニュ | トップページ | ムンロ《ドライミード》 ×  トム・ド・シェーブル・モンターニュをたっぷりまぶした鯵と焼き茄子の前菜 十六ささげでくるりと巻いて ランプフィシュとインド産グリーンペッパーのアクセント  »

●シェーブル(山羊)チーズ」カテゴリの記事

☆チーズ評価」カテゴリの記事