« 蕾菜とホタテのかき揚げ × アジアーゴストラベッキオ | トップページ | せりとアジアーゴプレッサートの春巻き »

2009年1月24日 (土)

しずく酒 × 白みる貝のアジアーゴ風ジュノベーゼ 雪うるいとモコヴェール  独活と苺の香りを添えて

【チーズ名】アジアーゴ ストラベッキオ
【原産国】イタリア ヴェネト州
【タイプ】ハードタイプ
【味わい】シャープな味わいの中に旨味を感じる


    白みる貝のアジアーゴ風ジュノベーゼ
    雪うるいとモコヴェールサラダ仕立て
       独活と苺の香りを添えて

Img_1000071_3

〈材料〉

 

○白みる貝お刺身 1パック
○雪うるい 葉の部分を分けて 軸は1,5〜2㎝にカット
○モコヴェール 一口代にカット
○苺 輪切りにうすくスライス
○独活 スライスして酢水にさらす
○ジュノベーゼソース(下記参照)

 

 

 

《作り方》

 

1下処理した野菜は水気をしっかり取って冷蔵庫で冷やしておく

 

2ジュノベーゼドレッシングを作る

 

3白みる貝をジュノベーゼソースに絡めて
 冷やしていた野菜と共に貝の上に盛りつける

 

4余ったジュノベーゼソースをスプーンで回しかけて完成

 

 

 

〈ジュノベーゼソース〉

 

○林檎酢 大さじ1
○蜂蜜 ほんの少々
○塩 適量
○白こしょう 少々
○バジル 3〜4枚 細かくカット 
○アジアーゴストラベッキオ 大さじ1
○EXバージンオリーブオイル 酢の3倍量

 

バジルは細かくカットしておく
アジアーゴストラベッキオは大根おろしで粗めにすりおろす

 

この二つはお好みで調節してください
増やすとこい味わいになります

 

このレシピではみる貝の味わいを活かすために
やや控えめに作ってあります

 

 

☆作り方☆
1林檎酢に塩と白こしょう、蜂蜜を加えよく溶かす

 

2オリーブ油を少しずつゆっくりと泡立て器で混ぜ合わせる
 ドレッシングのとろみがついてきたら

 

3バジルとアジアーゴチーズを加えて泡立て器で混ぜ合わせる


   

完成図!

      

Img_1000064_2

 

白みる貝の新鮮なお刺身を見つけました!

  

アジアーゴストラベッキオを粗めにすりおろして
バジルのみじんきりを加えたお手軽ドレッシング風
さっぱりジュノベーゼソースの前菜で頂く事にしました

  

さっぱり風に仕上げたかったのは
みる貝の旨味と甘みの持ち味をしっかり活かしたいから

 

チーズもバジルもみる貝の引き立て役になってもらいます

  

アジアーゴストラベッキオはチーズ専用おろし金でなく
あえて大根おろし器で粗めにおろし
つぶつぶ感を大小に仕上げてはんなりと
チーズの味わいを主張させました

 

何と言っても、みる貝が主役なのだから
合わせるお野菜も口あたりの柔らかいモノをセレクト
雪うるいとモコヴェールを組み合わせました

独活と苺でアクセントをつけたら
上品な前菜の出来上がり!
さわやかなバジルと香りと
チーズの味わいも折り重なって。。。

   

【しずく酒 笹おり】をちょこんと添えたら
さあ 至福のひと時が待っています! 


 

☆モコヴェールとは?

Img_100018_3

ほのかな甘みをもち柔らかいクローバーのような葉が愛らしい
水耕栽培のレタスの仲間です。農薬を使わないやさしい味わい
JFEライフ株式会社さんの水耕栽培のレタスは他にもあり
いずれも見た目も美しく食べやすく柔らかいのが特徴です

 

エコ作HPhttp://www.ecosaku-yasai.com/index.html 


☆雪うるいとは?

  

Img_1000038_2

通常の緑色の葉のうるいを遮光栽培したもので
葉が黄色く、軸は純白で柔らかいのが特徴
ハウスでの促成栽培は雪の多い地域での
冬春作物の1つとして作られています
味わいにほのかな苦みとぬめりがあり
口あたりはさくっとやわらかくアクもありません
これは時間をかけて収穫まで光を当てずの栽培した証拠です
サラダやバーニャカウダに添えてもイイですし
スティッック野菜としてディップなどで頂くのもいいでしょう

 


※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。


|

« 蕾菜とホタテのかき揚げ × アジアーゴストラベッキオ | トップページ | せりとアジアーゴプレッサートの春巻き »

<チーズ料理レシピ>」カテゴリの記事