« ラヴォール ホッキ貝のサラダ前菜 | トップページ | ラヴォール ホワイトアスパラとホタテの温かい前菜 美生柑ソース »

2008年7月15日 (火)

ラヴォール するめイカと黄ニラ&にんにくの芽 冷製ヤーコン麺

【チーズ名】ラヴォール
【原産国】
フランス
【タイプ】
ブルビタイプ
【味わい】
ミネラルを感じる塩味と柑橘系の香り

     するめイカと黄ニラ&にんにくの芽
 冷製ヤーコン麺 ラヴォールのアクセントを付けて

Img_236004

〈材料〉
○するめいか (1ぱいわたを抜き 細切り)
○にんにくの芽 (5㎝程斜め薄切り)
○黄ニラ 1/2束(3〜4㎝にカット)
○ヤーコン麺(50g)

 

○ラヴォール(スライスして手で細かくする)

 

ドレッシング
●リンゴ酢(小さじ1)
●白醤油(小さじ1強)
●塩(適量)
●太白ごま油(小さじ2)
●EXVオリーブ油(小さじ2)

 

〈作り方〉
1黄ニラ ニンニクの芽 イカはカットして
 それぞれ熱湯を回しかけて火を通しざるで冷ます

 

2ドレッシングを作る

3ヤーコン麺は6分茹でて、氷水にさらし締める
 
その後、キッチンペーパーでしっかり水気を取る

 

4ドレッシング野菜、イカを加え
 ざっくり混ぜて味を馴染ませる

 

5ラヴォールを上からトッピングして出来上がり!

イカの季節です!
鮮魚売り場の天然するめイカが目に留まりました!
姿はひとまわり小さく、とても新鮮でやわらかそう!
ニンニクの芽も無農薬(長野県)の太く柔らかいのが見つかり
そうだ、黄ニラと合わせて冷製パスタにしようかしら!

と思ったのですが、先日ちょっと面白い麺を発見したので
その麺を組み合わせて冷製麺を作る事にしたのです。

その名はヤーコン麺
食べた感じはラーメンとうどんの間の子。
もっちもち&しこしこ とにかくコシが素晴らしい!

お刺身で食べれれる位 新鮮なイカは半レアに仕上げ
黄ニラ&ニンニクの芽も食感と香りを活かす為に熱湯で下処理

ドレッシングには白醤油&太白ごま油でまろやか仕上げて
イカの旨味エキスが溶け込み、そこへ上質のEXVオリーブ油
ラウデミオの青っぽさ&フルーティさで美味ドレッシングに!

その美味なるドレッシングはヤーコン麺にしっかりからみつき
黄ニラの味わい、ニンニクの芽のほどよいさりっと食感
ラヴォールチーズミネラル感が一体となって
全体がまろやかながら上品な味わいにまとまっています!
食欲のない日にもぺろりと食べてしまいそう!

ニンニクを使わず黄ニラ&ニンニクの芽の上品な味わい 
もっちもち冷製ヤーコン麵にからみつく美味ドレッシング
イカの繊細で旨味ある味わいに今年の夏ははまりそうな予感!


★長野産 無農薬の柔らかくて太いニンニクの芽

Img_2330007


  《ヤーコン麵》

Img_235000

原材料 小麦粉 ヤーコン 食塩 綿実油
原産地 日本 山口県
製造者 竹井 芳枝

 

 

長州の無農薬のヤーコン芋で手作業で搾汁をしぼり
丁寧に麺に仕上げています。ヤーコンを使う事により
もちもちしこしこ、ツルツル感とのどごしが良く
時間が経ってもコシの強さが変わらないのが特徴
茹で時間も5〜6分と、調理時間も短くて済みます
(袋の裏面より)

 

    

★ヤーコン芋とは?
アンデス地方原産の菊科の根菜。
オリゴ糖を多く含み
ミネラルや食物繊維たっぷりで
デンプンはほとんど含まない低カロリー食材。
しゃっきり感と甘みのある芋で

古代インカではフルーツとして使われていました。
加熱時間も短くてすみささっと炒めるとか
水にさらし灰汁を抜いて生でサラダにしたりと簡単です。

  


  

※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。

   

|

« ラヴォール ホッキ貝のサラダ前菜 | トップページ | ラヴォール ホワイトアスパラとホタテの温かい前菜 美生柑ソース »

<チーズ料理レシピ>」カテゴリの記事