« ブルー・ド・ラカイユ 新緑のお包みチーズ | トップページ | パラーノ »

2008年3月31日 (月)

ペコリーノロマーノと空豆の雑炊

【チーズ名】ペコリーノロマーノ
【原産国】イタリア
【タイプ】ブルビタイプ ハードタイプ
【味わい】シャープな塩味と羊乳の甘み

Img_070000

○雑穀ご飯(お茶碗2杯)
○一番出し(600cc)
○ペコリーノロマーノチーズ
(雑炊用 100g〜150gすりおろす)
(トピング用 適量 細切り)
○空豆(ボイル 量は好みで)
○ヤングコーン(ボイルして輪切り 適量)
○大葉(千切りして トッピング)
○ドライ柚子皮(適量)

〈作り方〉
1土鍋にお出しを入れて雑穀ごはんを入れ中火にかける
 (ごはんはさっと洗いぬめりをとり水気を切る)

2少しとろみが出てきたら、ペコリーノロマーノを加えて
 木べらでかき混ぜながら弱火で味を馴染ませる

3空豆とヤングコーンをちりばめ
 細切りのペコリーノロマーノをかけて
 香り付けに大葉と柚子皮をトッピングする



炊いた雑穀ごはんを使って
口溶け柔らかなチーズ雑炊をつくりました!
消化もとても良く
お子様からお年寄りまで美味しく頂けます


空豆とヤングコーンで食感と味わいが楽しく
ゆずと大葉の香りがお出しにマッチした
和洋折衷のチーズ雑炊です!

ペコリーノロマーノの旨味と上品な甘みが
お出しにしっくりと馴染んでいいカンジ!

塩味がしっかりとしたペコリーノロマーノは
お料理の万能選手 キッチンで大活躍する子です
サラダやパスタにもよく使われます


イタリアでは春の空豆の季節に
ペコーリーノチーズが丁度出来上がるため
空豆とペアでサラダなどで頂く風習があります
またもともとカルボナーラのソースは
ペコリーノロマーノを使っているとか


パルミジャーノよりはさっぱりとしたコクなので
魚介や野菜などの繊細な味わいを活かします

魚介と春の温野菜のサラダに
薄くスライスしてふんわりかけても美味ですよ!




※本ブログの画像・テキストの無断転載はご遠慮ください。



|

« ブルー・ド・ラカイユ 新緑のお包みチーズ | トップページ | パラーノ »

<チーズ料理レシピ>」カテゴリの記事